ヒアルロン酸と水光注射の違いとは?どちらが良いのか?

ヒアルロン酸と水光注射は効果や成分など何が違うのか?どちらを選択した方がよいのか! - ヒアルロン酸注射との違いとは?

更新情報

アーカイブ

水光注射サイト

ヒアルロン酸注射との違いとは?

水光注射は、美容成分を肌にまんべんなく注入する施術の事ですが、肌への注射というと、どうしても思い浮かぶのがヒアルロン酸の注射ですよね。美容治療と聞いてすぐに思い浮かぶという人も珍しくないポピュラーなものですが、水光注射とヒアルロン酸注射は何が違うのでしょうか?調べてみると実は全然違うジャンルのものであることがわかりました。

大きな違い

元々の目的を見てみると、ヒアルロン酸注射と水光注射の違いが見えてきます。ヒアルロン酸注射は、シワに直接注入することで持ち上げて改善するというものです。ほかにも、鼻の高さを変えたり、顎の形を変えたりする効果もあります。つまり、ヒアルロン酸注射は整形にも似た施術なのです。しかし水光注射は、美容成分を注入するだけですので整形効果はありません。今まで80程度だった肌の水分量に20の美容成分を足してやり、100にするというようなものです。そのため、時間が経つと身体に成分が吸収されてしまうというのも特徴です。

施術の違い

ヒアルロン酸注射は外科手術が必要となり、入院を要する場合もありますが、水光注射は20分程度の施術で終了し、入院の必要もないため費用も安くなります。また、全て手作業で注射するヒアルロン酸注射とは違い、水光注射は機械を使用して簡単に施術をすることができるのも大きな特徴です。お手軽に肌のハリやツヤを取り戻すことができたり、肌荒れなどの肌全般の悩みを解決することができるので、水光注射の方がお手軽で効果が得られると言ってもいいかもしれません。もちろん、整形目的の人はヒアルロン酸注射のほうをお勧めしますが、肌トラブルを改善したかったり、確実なスキンケアをしたいという場合は、水光注射をお勧めします。
水光注射を行う前に、実際に施術を行った人の意見を聞いてみましょう。
実際に行った人の意見を聞くことで、違う病院にかかったとしても心構えができます。初めて美容外科を利用するという人も実際の利用者の話を聞いてみましょう。
bgryty

痛みは案外感じない

多くの人が寄せているコメントには「痛みをあまり感じなかった」というものがあります。やはり注射となると「痛い」というイメージがあるようですが、水光注射に使用される注射は通常の注射針よりも細いものとなっているので、痛みを感じることなく、真皮へと成分を注入することができるのです。
また、最近の水光注射で使用されている機械式の水光注射では、吸引を行いながら注射をするので、痛みを感じる前に施術が終わる、なんてことも多くあるようです。

施術中もリラックスできる

施術中は横になってリラックスできるようです。施術箇所には麻酔クリームを塗ってから注射を行うので、痛みを感じない工夫をされています。麻酔クリームも副作用などが起こらないものですので、安心して利用してください。病院によっては無料で塗ってくれるところもありますので、嬉しいですね。

施術後も安心

施術した後は内出血などによって赤みが増しますが、それを収めるためのダウンタイムというのが設けられています。ダウンタイムでは、保湿や肌を落ち着かせるためのケアが行われます。大体の病院ではパックを行うようです。このパックも病院ならではの成分を含んだものですので、痛みを感じることなく落ち着かせることが可能となっています。
施術後はメイクをして帰ることができる病院もありますが、一日は触らないようにと言われる場所もあるので、病院によってしっかり話を聞きましょうね。